トップメッセージ

未来を担う
貴重な国家資源の生産者・販売者として、
社会への貢献を

代表取締役社長
緑川昭夫

代表取締役社長 緑川昭夫

2014年1月6日、国内における水溶性天然ガス開発のリーディングカンパニーとして国産天然ガスやヨウ素の開発・生産に携わる関東天然瓦斯開発株式会社と、千葉県内のご家庭をはじめとしたお客さまに都市ガスを販売する大多喜ガス株式会社の両社は、共同株式移転の方法により、両社の完全親会社となる
K&Oエナジーグループ株式会社を設立いたしました。

近年、地球温暖化や大気汚染等の環境問題を契機に、天然ガスはクリーンエネルギーとしてますます脚光を浴びており、当社グループが携わる天然ガスの開発と販売は、次代を担う有望な事業として大きな期待が寄せられています。一方、当社グループを取り巻く事業環境は、エネルギーの安全性、安定性確保及び環境への適合がより重要視されるとともに、エネルギーをいかにお手頃に、そして便利にお使いいただけるかが求められるようになっており、他のエネルギーとの競争のなかお客さまのニーズに的確にお応えするサービスのご提供がこれまで以上に必要となっております。

こうした事業環境のなか、当社グループは、国産エネルギーである天然ガスと世界的にも貴重な資源であるヨウ素の開発・生産から供給・販売までを一貫した計画に基づいて行い、変化する事業環境に迅速に対応できる体制を構築し、グループ戦略機能の強化、グループ経営資源の効率的活用、ステークホルダーの価値最大化を図ることで企業価値を向上させるとともに、未来を担う貴重な国産資源の生産者・販売者として、社会への貢献を続けてまいります。

今後とも皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 緑川 昭夫